『安房地域権利擁護推進センター』が開設されました。

 広報「ふくし」第187号でお知らせしました『安房地域権利擁護推進センター』が、7月より鴨川市社会福祉協議会内に開設されました。

 センターでは、成年後見制度や日常生活自立支援事業に関する様々な相談に対応してくれますので、ぜひご利用下さい。

 また、月に1回(第3水曜日を予定,変更の場合有)、鋸南町保健福祉総合センター『すこやか』において、出張相談がありますので、そちらもご活用下さい。(要予約)

 

安房地域権利擁護推進センターパンフレットのサムネイル

新会長に斎藤正氏を選出

 任期満了に伴う新理事による初理事会を開催し、その席上で斎藤正氏(学識経験者)が新会長に選出されました。

 斎藤氏は、鋸南町役場を退職後、鋸南町社会福祉協議会事務局長を11年務めた後、区長会長,学識経験者として鋸南町社会福祉協議会理事を歴任し、常に福祉の最前線で活躍してこられました。

 斎藤氏は「加速度的に少子高齢化が進行している現代社会において、社会福祉協議会が地域に果たすべき役割は非常に重要であると認識している。とくに鋸南町は高齢化率が46%を超えており、介護保険事業はもとより、地域での支え合い・助け合いが地域存亡の鍵を握っていると言っても過言ではない。このような中で、鋸南町社会福祉協議会長に就任するということは大変な重責ではあるが、自らに課せられた職務を全力で全うし、役職員一丸となって、鋸南町の地域福祉推進に尽力していきたい。」と抱負を述べました。

 なお、副会長には、黒川起志夫氏(民生委員・児童委員協議会)と重田修一氏(学識経験者)が選出されました。

 

左から、重田副会長,斎藤会長,黒川副会長

弁護士相談の日程をお知らせします。

 鋸南町社会福祉協議会では、今年度も弁護士相談事業を実施します。

 日程は添付ファイルの通りですので、お気軽にご相談下さい。

  ※事前に電話予約が必要です。

  ※相談は無料です。

 

弁護士相談予定表

篠原事務局長退任

 この度、当社会福祉協議会の事務局長を務めておりました篠原一成氏が、平成31年3月末日を以て退任しました。

 篠原氏は平成27年4月1日に事務局長に就任、4年間にわたり地域福祉の推進に邁進してまいりました。

 長年の尽力に心から感謝申し上げたいと思います。

 なお、後任には、町内在住の増田光俊が就任しておりますので、変わらぬご指導を賜りますようお願いいたします。

住民主体の地域活動を応援します。

 鋸南町社会福祉協議会では、地域住民の主体的な助け合い・支え合いの活動を支援するために、「地域支え合い活動支援事業」と「サロン支援事業」を平成31年度より開始します。

 当該事業においては、必要な情報の提供や助言をしたり、助成金の支給をさせていただきます。

 地域福祉の担い手が不足している昨今、地域の皆さんの活躍に益々期待が寄せられています。

 事業の詳細は別添資料の通りですので、ぜひ、この事業をご活用下さい。

 

地域支え合い活動支援事業実施要綱

サロン支援事業実施要綱