第9回ボランティアのつどいを開催しました

 11月19日(日)鋸南町立中央公民において、第9回ボランティアのつどい開催しました。
当日は150人を超える方が参加し、ステージでは、鋸南中学校吹奏楽部,館山警察署の講話,ボランティアさんによる発表があり、ホールでは、ブース見学,体験をしてもらい、最後は参加者全員で鋸南音頭を踊りました。

歳末お見舞いを実施しました

12月9日勝山支部、12月13日保田支部主催で71歳以上の一人暮しの方、寝たきりの方にお見舞い品を各区長及び民生児童委員さんが安否確認を兼ねて訪問お見舞いしました。
勝山支部では、訪問に鋸南小学校6年生にも同行してもらい、学校で製作したメッセージカードも一緒にお渡しし喜んでいただきました。

歳末たすけあい運動を実施

 12月5日に佐久間地区・勝山地区、12月13日に保田地区で71歳以上の一人暮しの方に食生活改善協議会の手作り弁当と、かけはしの会の皆さんが作成したカードを民生委員さんが配り、多くの方に喜んでいただきました。
また、準生活保護世帯,寝たきり介護世帯の方を対象に支援金をお渡ししました。

安房地区老人クラブ大会にて表彰を受けました

 安房地区老人クラブ連合会(河野脩会長)が主催する「第18回安房地区老人クラブ大会」が、12月14日(木)に鋸南町立中央公民館を会場として開催されました。
 この大会は、安房管内の市町老連が一堂に会するもので、席上にて、老人クラブ活動に功労のあった個人及びクラブが表彰されます。
 鋸南町老人クラブ連合会からは、活動功労者として村井三子様(内宿福神会)、優良老人クラブとして中道台高砂会(笹生卓義会長)が表彰の栄に浴しました。
 今後の益々の活躍をご祈念いたします。

“地区懇話会” 実施中です

 現在、鋸南町社会福祉協議会では、社会福祉協議会への理解を深めてもらう事、今後の地域福祉事業を充実させる事を目的とした地区懇話会を順次実施しています。
 8月の末から始め、先日漸く折り返し点を迎えました。
 これまでにお邪魔した各地区からは、地域が抱える強みや課題,社会福祉協議会への要望等、様々なご意見を伺うことができました。
 町民の皆様と直にお話しする貴重な時間ですので、引き続き実施していきたいと考えておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。
 (開催予定地区には、改めて回覧文書を回します。)

普通救命法講習会を実施

 いざという時の為の救命法を学ぶための講習会を、10月11日にボランティアセンターにて開催しました。
 当日は10名の方が参加し、心肺蘇生法やAEDの使用方法などを座学,実技の両面から学びました。
 参加者からは「初めてAEDを見たが、音声ガイダンスがあって安心した。」「いざという時に今日学んだことを活かしたい。」などと感想を述べていました。

義援金への協力ありがとうございます。

 本ホームページや回覧で協力をお願いしていました大雨災害への義援金ですが、大勢の皆様からご寄付をいただきました。
 お預かりした義援金 29万円は、千葉県共同募金会へ送金し、被災地にお届けしました。(回覧では間に合わなかったのですが、秋田県への義援金も募集されていたので、そちらにも配分させていただきました。)
 なお、福岡県・大分県では、義援金の受付期間を12月28日(木)まで延長したとのことですので、引き続きご協力をお願いします。

~網代弥寿雄様よりご寄付をいただきました~

 6月4日(日)に頼朝桜の地域内外へのPRと親睦をかねて、網代やすお音楽事務所主催の歌と舞踊の発表会が行われました。
 そこで来場者からいただいた募金 32,915円を福祉の充実と社会福祉協議会の円滑な運営のためにと寄付をしていただきました。
 お預かりした募金は、地域福祉の推進のために役立たせていただきます。

1 / 212