権利擁護支援員(市民後見人)養成講座が開催されます

 認知症高齢者等が増加している今、要支援者の権利擁護は非常に重要な問題となっています。
 このような方々を支援するために「日常生活自立支援事業」や「成年後見制度」が整備されていますが、その担い手が圧倒的に不足しています。
 そこで、専門職に限らず、市民の中から新たな担い手として『権利擁護支援員(市民後見人)』を養成し、権利擁護に関する事業の充実を図るための『権利擁護支援員養成講座』が来年1月から開催されます。
 この講座を受講するには、10月に実施する事前説明会への出席が必須となりますので、関心のある方はぜひご参加下さい。
 なお、説明会の詳細は、9月の町報,鴨川市社協のホームページ(近日公開予定:本ページからリンクでとべます)に掲載されるほか、ボランティアセンター窓口にチラシがありますので、そちらをご覧下さい。

義援金への協力ありがとうございます。

 本ホームページや回覧で協力をお願いしていました大雨災害への義援金ですが、大勢の皆様からご寄付をいただきました。
 お預かりした義援金 29万円は、千葉県共同募金会へ送金し、被災地にお届けしました。(回覧では間に合わなかったのですが、秋田県への義援金も募集されていたので、そちらにも配分させていただきました。)
 なお、福岡県・大分県では、義援金の受付期間を12月28日(木)まで延長したとのことですので、引き続きご協力をお願いします。

町内全地区で懇話会を開催します

 鋸南町社会福祉協議会では、町民の皆様のご協力をいただきながら様々な事業を実施していますが、社会情勢の変化や多様化するニーズに伴い、これまでの仕組みだけでは対応することが困難な状況になってきています。
 そこで、町民の皆様との話し合いの場を設け、今後の事業に役立てていきたいと考えています。
 地域での支え合い,助け合いの重要性が高まる中、皆様の貴重な声をお聞きしたいので、ぜひご参加下さい。

地区懇話会日程表

夏休みボランティアスクール

 8月9日(水)に鋸南町ボランティアセンターにて夏休みボランティアスクールを開催し、鋸南小学校から14名の児童が参加しました。
ユニセフ・ヤクルトのみなさんを講師にお招きし、ユニセフの活動の話や、ヤクルトでシャーベット作りなど皆さん楽しく授業を受けていました。

千葉県シニアスポーツ大会安房代表選考会が開催されました

 老人クラブ会員相互の親睦を図るとともに、千葉県シニアスポーツ大会に出場する安房地区の代表を決める選考大会会が、7月25日(火)に鴨川市陸上競技場で開催されました。
 競技種目はゲートボール,グラウンドゴルフ,ペタンクの三種目で、鋸南町からも27名の選手が参加し、以下の方々が県大会への出場権を勝ち取りました。

【ゲートボール】 鋸南Aチーム(選抜)
【グラウンドゴルフ】 苅草正美(中原寿会),平田勇喜(本郷長寿会)
【ペタンク】 鋸南Aチーム(鋸東睦会:河野脩,早川ちか,野中幸治,川名久夫)

特選演芸会~華やかに開催~

 6月17日(土)に老人クラブ主催の特選演芸会が、鋸南町立中央公民館で開催されました。
 当日は250名を超える方が来場し、民謡と三味線,ちび玉ショー,お笑い等を楽しみました。

みんなで県老連音頭を踊りました

今回もちび玉ショーは大人気でした

福祉に関する作文・標語を募集します

 鋸南町社会福祉協議会では、今年も福祉に関する作文・標語を募集します。
 昨年度までは、鋸南小学校,鋸南中学校の児童,生徒のみを対象としていましたが、今回から鋸南町在住で他市町の小中学校に通う児童,生徒も対象としました。
 詳細は別添募集要領のとおりですので、大勢の皆さんからの応募をお待ちしています。
 なお、入賞者は、平成30年1月に開催予定の鋸南町社会福祉大会の席上にて表彰させていただきます。

福祉作文・標語募集要領

~網代弥寿雄様よりご寄付をいただきました~

 6月4日(日)に頼朝桜の地域内外へのPRと親睦をかねて、網代やすお音楽事務所主催の歌と舞踊の発表会が行われました。
 そこで来場者からいただいた募金 32,915円を福祉の充実と社会福祉協議会の円滑な運営のためにと寄付をしていただきました。
 お預かりした募金は、地域福祉の推進のために役立たせていただきます。

1 / 212